スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
その8.パピーQ&Aの続き
2006 / 04 / 30 ( Sun )
GW期間中はお天気も安定しているようで何よりですね。期間中は1日だけ休みがありますので、有意義にすごせたらなあと思います。というわけで、本日も勤労です。
前回の飼育についてのQ&Aに引き続いて、「しつけ」や「医療」についても抜粋させていただこうと思います。
Q1.盲導犬のパピーとして何か特別なことをしなければならないの?
A.パピーだからということではなく、良い家庭犬として愛情を持って育んでいただきたいと思います。お願いすることは、仔犬の社会化のために出来るだけたくさんの経験をさせてあげることと、家庭犬を飼う際にも必要な基本的なしつけのみです。
Q2.動物病院はどのようにして選べばいいの?
A.近隣の通いやすい動物病院を選んでいただいて結構です。緊急時の対応や診療時間・休診日・緊急時の連絡方法・往診可能かどうかを事前に聞いておくと良いでしょう。
Q3.医療費の負担は?
A.仔犬のワクチン、狂犬病予防注射、フィラリア予防薬についてはセンターで行います。去勢・避妊手術を行う場合も、費用は協会負担となります。日常的な健康管理と治療に関しては、ボランティア負担でお願いします。医療費が高額になる場合は協会に連絡をお願いします。
Q4.仔犬が病気になったら(怪我をしたら)どうするの?
A.動物病院に連れて行き診察を受けてください。その後協会までご連絡くださるようお願いします。気になる点や心配事はどんな些細なことでも結構ですので協会に相談してください。

前回同様、目安程度に抜粋してありますので、詳細は直接協会にお問い合わせください。
それでは、みなさん良い休日をお過ごしください(泣)。
スポンサーサイト

テーマ:身体障害者補助犬 - ジャンル:福祉・ボランティア

13 : 03 : 22 | - | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。