スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
その191.正月
2007 / 01 / 13 ( Sat )
未だに時機を逸した話で恐縮です。  別名「一人時間差」ともいいます。
タイムリーでない話題もかえって新鮮なんじゃないかと・・・

さて・・・元旦を家以外で過ごすのはいつ以来だろうか?
ちょっと考えてみましたが思い出せません・・・もしかしたらお初?かもデス。
一昨年は年末に旅行に行ったものの、帰ってきたのは大晦日の23:55!
コートを脱いだら新年でした。
今年は日の出を拝んでからゆっくりと朝食・・・家族みんなが上げ膳据え膳で楽チンだったかも。
食後に身支度を整えて、普段あまり行けそうにないスキー場に行ってみる事にしました。
そのスキー場にはリフトがないんだそうです ^^;   なんじゃソリャ・・・
じゃ・・・どうやって登るのか?   ・・・雪上車で登るんだそうです。
聞けば犬も乗車オッケー   それじゃあ、行ってみよう・・・ってコトで山道をズンズン。
ところが同じようなシステムのスキー場ってあるもので、最初違うところに着いてしまいました。
しかも雪上車は予約客で乗れないときてる・・・もうスッカリ着替えちゃって、チケット買おうと窓口に行ったらコレだもの・・・もっと手前で表示して欲しい・・・(ーー;)
仕方なく戻りながら道を尋ねてみると、もっと奥のほうの「えっ!?こんなところに本当にスキー場あるの??」的なところに目的地はあるんだそうです (^_^;)
その説明のしかた・・・このあとスグ理解できました・・・(笑)
山の中もイイとこ・・・しかも案内看板なんてありゃしない・・・
オイオイ・・・マジかよ・・・的なキモチを抑えつつ、車はユックリと山道を進んでいく。
・・・と、突然目の前にやや朽ちかかった(笑)ロッジを発見。
ここか・・・
恐る恐る扉を開けてみると、中には結構人が集まっている。
そう・・・ココは知る人ぞ知るマニアックなスキー場だったのです。
なにせリフトがない・・・
みんな次の雪上車を待っているんだろうか、それとも食事なんだろうか。
食堂のおばちゃんに聞いてみたら、やっぱり犬はオッケーとのこと。
さらに小さな子供も乗れる・・・こりゃあ行くしかない!

・・・で念のため「帰りも乗ってこられますよネ・・・」
「犬もみんな滑って(走って・転がって)降りてくるんだよ」
「ガーーーーーン!」   「小さい子は滑れないんですけど・・・」
「運転手さんにきいてみて・・・」
う???む・・・オンブして降りてくるのはキケンだし・・・どうするか・・・
で、近くの人に聞いてみたら「わたし、転がりながら降りてきたわヨ」
「ゲゲッ・・・転がりながら・・・^^;」
「そうねェ?結構急かも・・・」
「・・・・・・・・・・・・・」
で、検討の結果、リスクが高いってコトで今回はパス。   チョッピリ残念。
ウイッシュ・・・乗せてあげたかったなぁ?
仕方なしにワンツーだけ済ませて出発、別のスキー場へ向かいました。
結局そこで遊んでこの日は早めに帰ってきました。
あんまり遅くまで遊んでると雪道もカチカチになってくるし、食事時間もあるし・・・。
ウイッシュもイイ仔で待っててくれました。
ワンツーもしっかりできてエライ・・・続けて2回なんてコトも・・・



小がツー

結局コレが言いたかったがために、ココまで引っ張ったってコト!?

(あっ・・・ちなみにワンがツーだっていうワケではありません。デベソからツーが出たら大変ダッ!
・・・もし出るとしたら、きっと蚊取り線香みたいなのが出てくるんだろうなぁ?)

元旦の朝食 旅先にて
元旦の朝食。 旅先とはいえ、こういうのはうれしいものです。
朝から食べすぎで、そうでなくても最近かなり怪しい感じでしたのが、ココへきて一気に・・・
気をつけなければ。

恐々・・・!?
リフトのないスキー場の食堂の主。最初結構吠えられたんですが、スグ打ち解けたようで・・・
でもないか・・・その表情 (^_^;)

初心者コースでスイスイ
ココまで遠回りしましたが、結局ココで遊ぶことに。
初心者コースはスイスイ快適に滑れます (^o^)丿

コースが狭くなってきて・・・
初心者コースとはいっても、途中狭く急な斜面もあったりして・・・
あとから聞いた話しでは、みなさんココで苦労されたんだそうで・・・
実際落っこちそうでした (^_^;)

急斜面でスッテンコロリン ^^;
一方コチラは中級者コース・・・さすがに斜面がきつくなってます。
下から見上げると、おっそろしい雲の圧迫もあって結構怖いです・・・
1号も悪戦苦闘しながらなんとか降りてきましたが・・・
「○○コースなんてダイッキライ!」とのたまわっておりました (~_~;)  そうだろうな。

眺めはバッチグー (^_^)v
それでもゴールが見えてくると心理的にも少しは楽に・・・なったかな?
それでも油断大敵・・・まだまだ斜面はキツィよ。

イイ仔で待ってくれたネ (^。^)
「ただいまーウイッシュ」
「おかえり?」
シッポがちぎれんばかりのお出迎え (^^♪
あんまりクルクル廻すモンだから、どっかへ飛んでいっちゃいました(うそ)。

ソレーッ!
ウイッシュも遊んであげないと・・・ネ。
さすがにノーリードっていうワケにはいかないので、人間も一緒にダッシュ!
スグ息切れしたのは言うまでもありません・・・(ーー;)
滑ったら大変なので、走り方もなんだかヘンに。

山道はコンナ感じでした
山道はだいたいコンナ感じのところが多かったですネ。
幹線道路は除雪されてて、アスファルトも見えてました。

1号が作ったうどんに舌鼓・・・おいしかったヨ
晩御飯はコレ。
ホントはもっといろいろあったんですが、もうお腹イッパイになっちゃって、これ以上食べられませんでした。
ちなみにうどんは1号が他のお客さんの分までキッチンでオーナーさんと一緒に作ったモノです。
天ぷらもサクサクだったし、うどんもシコシコでおいしかった (^^♪

P.S
今回は主役の出番が少なかったネ。
ホントはずっと一緒に遊べたらよかったんだけど・・・
これも貴重な経験・・・ちゅうコトで。

P.S P.S
家庭訪問がありました。
今のところはいろいろな面でも順調なようで、何よりです。
いくつかの心配事はあるものの、それは残りの期間の宿題ってコトでクリアに向けて最後の努力目標にしようかな。そろそろ第4コーナー回って直線勝負に入ってもイイかも (*^^)v
ウイッシュ・・・ついて来い! 2人5脚でいくぞ (^o^)丿

あっ・・・それからはじめて聞いた情報が!
もうみなさんご存知だとは思いますが、アタクシはちっとも知りませんでした。
訓練センターの犬舎・・・床がコンクリートかなんかだったと思いますが・・・
アレって床暖房なんですって!
「あったかいんだぁ?」・・・それを聞いてなんだかホッと安心しました (#^.^#)
それに・・・引きちぎらない仔には、毛布なんかも支給されるそうです。

それともうひとつ。
先日入所した訓練犬たち・・・
もうダイブ慣れてきたみたいで、中にはヘソ天で寝てる仔もいるそうです。
だれかなぁ?(笑)
隣との境を飛び越えちゃうツワモノや2頭でまったりしてるペア、ガウガウ元気がイイ仔・・・個性もイロイロのようです。
これから訓練士パピーさんが決まって(いわゆる担当)、トレーニングに入っていくんですネ。
楽しみですネ (^^♪

<お知らせ>
「絆・盲導犬訓練士」の12月放送分です↓
http://www.ksb.co.jp/moudouken/
スポンサーサイト

テーマ:身体障害者補助犬 - ジャンル:福祉・ボランティア

08 : 00 : 00 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。